教科別オンライン講義

スポンサーリンク
化学オンライン講義

再結晶とは?原理や方法を実験例とともに解説

再結晶とは、溶解度の差を利用して固体どうしの混合物を分離する方法です。計算問題でも頻出の「再結晶法」の原理と方法を、硝酸カリウムと塩化ナトリウムを例に解説します。解説担当は、灘・甲陽在籍生100名を超え、東大京大国公立医学部合格者を多数輩出する学習塾「スタディ・コラボ」の化学科講師です。
化学オンライン講義

ろ過の仕方と実験の方法および注意点

ろ過の実験問題で出題される注意点の理由を問う問題の対策を図を用いて行います。本記事では、灘・甲陽在籍生100名を超え、東大京大国公立医学部合格者を多数輩出する学習塾「スタディ・コラボ」の化学科講師より受験生が迷う分離法よりろ過についての解説を行います。
漢文オンライン講義

漢文【完全版】入試で必要な再読文字10個の一覧まとめ

【例文付き】再読文字とは、返り点に関係なくまず副詞として読み、その後、返り点に従って、下から戻って動詞・助動詞として読む漢字のことです。入試で頻出となる再読文字は「未」「将」「且」「当」「応」「宜」「須」「猶」「由」「盍」の10個です。これらの重要事項をまとめて紹介します。
スポンサーリンク
漢文オンライン講義

漢文【完全版】入試で必要な5種類の返読文字一覧まとめ

【例文付き】漢文において「返読文字」とは、日本語と逆の語順になるため、下から返って読まなければならない漢字のことです。返読文字は、構文・語順を理解し、センター試験頻出の白文問題に対応するためには重要です。本記事では、大手予備校一流プロ講師が入試で必要な返読文字の一覧をわかりやすくまとめます。
化学オンライン講義

電気陰性度の定義と周期表での大小関係とその理由

電気陰性度とは電子の引きつけ度合いのことです。共有結合の極性との関係性や、周期表での大小関係について、入試で出題されるマリケンやポーリングの電気陰性度についても丁寧に解説します。解説担当は、灘・甲陽在籍生100名を超え、東大京大国公立医学部合格者を多数輩出する学習塾「スタディ・コラボ」の化学科講師です。
化学オンライン講義

電子親和力の定義と大小関係とその理由

電子親和力とは、陰イオンにするときに放出されるエネルギーのことです。なぜ電子親和力はハロゲンが最大で希ガスが最小となるかについても具体的かつ丁寧に解説します。解説担当は、灘・甲陽在籍生100名を超え、東大京大国公立医学部合格者を多数輩出する学習塾「スタディ・コラボ」の化学科講師です。
化学オンライン講義

イオン化エネルギーの定義と大小関係とその理由

イオン化エネルギーとは、陽イオンにするときに必要なエネルギーのことです。周期表では右上が最大となる理由について具体的かつ丁寧に解説します。解説担当は、灘・甲陽在籍生100名を超え、東大京大国公立医学部合格者を多数輩出する学習塾「スタディ・コラボ」の化学科講師です。
化学オンライン講義

化学|受験で覚えておくべき単原子イオン・多原子イオンの一覧

受験で必要な陽イオン・陰イオンの化学式、名称、価数は覚える量が多いです。本記事では受験で必要な全てのイオン式一覧を紹介します。解説担当は、灘・甲陽在籍生100名を超え、東大京大国公立医学部合格者を多数輩出する学習塾「スタディ・コラボ」の化学科講師です。
化学オンライン講義

原子・分子・元素の違いと陽子・中性子・質量数・原子番号

化学基礎より、原子の構造、分子との関係性、原子と元素の違い、陽子・中性子・電子・質量数・原子番号の関係性、原子核とは何かなど、具体的かつ丁寧に解説します。解説担当は、灘・甲陽在籍生100名を超え、東大京大国公立医学部合格者を多数輩出する学習塾「スタディ・コラボ」の化学科講師です。
漢文オンライン講義

漢文【3分でわかる】再読文字「将」と「且」の違いと「且」の瞬間判別法

【例文付き】再読文字「将」と「且」とは何が違うのか、そして「且」の使い方は再読文字以外にもいくつかあります。本記事では、再読文字「将」と「且」の違いと「且」の瞬間判別法について、大手予備校一流プロ講師が構文レベルから詳しく解説します。
タイトルとURLをコピーしました