漢文【3分でわかる】再読文字「将」と「且」の違いと「且」の瞬間判別法

漢文オンライン講義

【例文付き】再読文字「将」と「且」とは何が違うのか、そして「且」の使い方は再読文字以外にもいくつかあります。本記事では、再読文字「将」と「且」の違いと「且」の瞬間判別法について、大手予備校一流プロ講師が構文レベルから詳しく解説します。

スポンサーリンク

再読文字「将」「且」の違いと例文の解説

 

「将」「且」は英語のbe going toに当たる表現です。単純な未来にも意志を含む未来にも用いられます。

 

結論!!再読文字としての「将」と「且」に大きな違いはありません。

どちらも読み方は、「まさに~す」ですし、意味も「今にも~ようとする/~ようとしている」で全く同じです。使い分けも特にありません。

 

以下に例文と解説を示します。

 

再読文字例文5「将・且」

 

Aの文は、「長江に従おうとして東に下る」あるいは「長江に従って東に下ろうとしている」のいずれかですが、後者の意味になることは明らかでしょう。

従って「将」は「下」に係っています。Bの文は「有……者」の枠の中に「者」の修飾語として「且至楚」がある形です。従って、「楚の国にたどり着こうとしている人がいる。」という意味になります。

 

再読文字例文6「将・且」

詳細は再読文字「未・将・且」はこれで完璧を参照してください。

 

再読文字ではない「且」(かつ)の意味

 

再読文字ではない「且」は“かつ”と読み、大きく分けて以下2つの用法があります。

 

抑揚の協調として使う「且」

 

抑揚とは、「死んだ馬でさえ買うのだから、まして生きた馬を買う人は必ずいるだろう」のような、予測に基づく強調表現のパターンのことです。この句形は漢文の評論の結論部分に用いられることが多く、その解釈・把握が求められる問題がよく出されます。

また、「まして生きた馬を」といえば、そのあとの結論はわかりきっているので、その結論部分は省略されるのが基本です。

 

抑揚例文18「且」

 

「況」は状況の「況」です。「死馬」という状況では、「生馬」については言うまでもない、というのがこの構文の意味です。「況」は「いはンヤ」と読みましょう。

また、「死馬」には「スラ」という副助詞を送ります。普通の古文では「だに」を使うところですが、漢文では「すら」を用います(ちなみに古文では「いはんや」よりも「まして・まいて」を多用する)。「生馬」には必ず「ヲ」を送ります。この「ヲ」は目的格を表しているのではありません。そして最後の「乎」は「や」と読みます。

そして、句形を強調するため、「且」という漢字を加えることが多いです。

 

「死馬」と「生馬」を並べ、「買之」という状況(VO構造=「之」が指しているのは「死馬」=「死馬」はO)では「生馬」を買うのは当然だ、という意味を表しています。

 

意味:死んだ馬でさえ買うのだから、生きた馬を買う(人は必ずいる)だろう。

 

 

並行・添加として使う「且」

 

二つの動作・状態が並行あるいは添加して行われることを表します。

 

並行例文19「且」

 

「且」の見分け方

 

今まで見てきたように、「且」には「まさに~す」という再読文字として使うことも、「かつ」という抑揚の強調や並行として使うこともあります。

 

それではどのように見分ければよいか。

 

ずばり、返り点で判断します。

 

「且」自身に返り点がついている場合 … 再読文字
「且」自身に返り点がついていない場合 … 且(か)つ

 

と判断します。

 

まとめ

 

力石智弘先生の著書『脳TEC漢文(ドゥクエスト)』より、再読文字「将」と「且」の違いと「且」の判別の仕方をご紹介しました。

 

センターの白文問題に対応する実力を付けられるよう、根本的に理解しておきましょう。

 

『脳TEC漢文』著者:力石 智弘先生

河合塾、四谷学院など予備校・学習塾で活躍する現役ベテラン国語講師。京大理学部という理系出身こその論理的な解法と多種多様な知識・経験から繰り出される授業は最高傑作と評される。東大模試の作成や、神戸大学個別試験(国語)の解答速報作成(新聞にて掲載)など多岐にわたり活躍中の実力派講師。

力石智弘講師

脳科学式超記憶で身に付ける問題集ViCOLLA
紙より5割増しで記憶に残る脳科学的仕組みのWebドリル(全問題に解説動画付き)が付いた参考書
いつも同じ場所で勉強するより、環境に変化をつけた(勉強場所を変える)方が高い学習効果を得られます(ある研究の単語テストでは約1.5倍に正答率がアップしました)。スマホやPCを用いたデジタル学習における背景画像についても同様で、ランダムに背景画像が変化すると高い学習効果が得られます(ある研究の単語テストでは1.6倍に正答率がアップしました)。出題順もランダムにできます。 ビコラでは、背景画像がランダムとなる「Webドリル」機能で学習効果を高めます。また、問題文の背景画像には、認知能力を高める効果のある自然や雪景色の画像を使用しています。 そして、全問題の解答ひとつひとつに丁寧な解説動画がついています。紙面には書ききれない(書いても伝わりにくい)事項(背景知識や、単元の本質に至る詳細な理由、解答を導くまでの思考の流れなど)を著者である予備校講師がわかりやすく指導します。※出題順もランダムにできます。
漢文オンライン講義
シェアする
ViCOLLAをフォローする
ViCOLLA Magazine