化学【完全版】受験で覚えておくべき単原子イオン・多原子イオンの一覧

化学オンライン講義

【覚え方のコツ付き】受験で必要な陽イオン・陰イオンの化学式、名称、価数は覚える量が多いです。本記事では受験で必要な全てのイオン式一覧と、覚える労力を10分の1に減らすコツを紹介します。解説担当は、灘・甲陽在籍生100名を超え、東大京大国公立医学部合格者を多数輩出する学習塾「スタディ・コラボ」の化学科講師です。

スポンサーリンク

単原子イオン

典型元素のイオン式

単原子イオンの考え方と覚え方は陽イオン・陰イオン(単原子イオン)の電子配置と価数を参照。

遷移元素のイオン式

価数は複数存在するものもあり、基本的に覚えるしかありません。

 

多原子イオン

多原子イオンとは複数の原子が結合した「原子団」に電子が結合したり取れたりしてできたイオンのことです。アンモニウムイオンNH4のみ陽イオンで他はすべて陰イオンです。例えば、SO42ーなどがあります。

右上の数字と右下の数字の違いに気を付けましょう。
SO42ーでいうと、S原子が1個、O原子が4個が結合し、合計でマイナス2の電荷(価数)をもつという意味合いです。つまり、右上の数字は価数、右下の数字は該当の原子の個数を表しています。

 

錯イオン

追々別の記事で執筆します。

 

イオン式の一覧

入試に出題される暗記必須のイオンを以下にまとめました。

 

価数 イオン式 名称
H 水素イオン 1族なので1価
Li リチウムイオン
Na ナトリウムイオン
K カリウムイオン
Mg2+ マグネシウムイオン 2族なので2価
Ca2+ カルシウムイオン
Ba2+ バリウムイオン
Zn2+ 亜鉛イオン
Al3+ アルミニウムイオン 覚える!
Pb2+ 鉛(Ⅱ)イオン
Cr3+ クロム(Ⅲ)イオン 覚える!
Mn2+ マンガン(Ⅱ)イオン
Fe2+ 鉄(Ⅱ)イオン 覚える!
Fe3+ 鉄(Ⅲ)イオン
Ni2+ ニッケル(Ⅱ)イオン
1 Cu 銅(Ⅰ)イオン 覚える!
Cu2+ 銅(Ⅱ)イオン
Ag 銀イオン 覚える!
NH4 アンモニウムイオン アンモニアNH3にHが付いた
F フッ化物イオン 17族なので1価
Cl 塩化物イオン
Br 臭化物イオン
I ヨウ化物イオン
O2ー 酸化物イオン 16族なので2価
S2ー 硫化物イオン
OH 水酸化物イオン
CN シアン化物イオン
SCN チオシアン酸イオン  「チオ」は硫黄の意味
CO32ー 炭酸イオン H2CO3 → HCO3 + H
HCO3 → CO32- + H
HCO3 炭酸水素イオン
CH3COO 酢酸イオン
C2O42ー シュウ酸イオン (COO)22ーでもOK
NO2 亜硝酸イオン 「亜」が付くとOが減る
NO3 硝酸イオン
SO32ー 亜硫酸イオン 「亜」が付くとOが減る
SO42ー 硫酸イオン H2SO4 → HSO4 + H
HSO4 → SO42- + H
HSO4 硫酸水素イオン
S2O32ー チオ硫酸イオン チオなのでOをSに一つ置換え
PO43ー リン酸イオン H3PO4 → H2PO4 + H
H2PO4 → HPO42- + H
HPO42- → PO43ー + H
HPO42ー リン酸一イオン
H2PO4 リン酸二イオン
ClO 次亜塩素酸イオン 「次亜」でOが2つ減る
ClO2 亜塩素酸イオン 「亜」が付くとOが減る
ClO3 塩素酸イオン
ClO4 過塩素酸イオン 「過」が付くとOが増える
MnO4 過マンガン酸イオン
CrO42ー クロム酸イオン
Cr2O72ー ニクロム酸イオン

*1族と2族以外の陽イオンに関しては、価数が1と3のイオンだけを覚えてあとは全て価数2と覚えれば良いです。

 

次は覚えるべき錯イオンです。

しかし、こちらは丸暗記の必要はありません。

名称 イオン式
ジアンミン銀(Ⅰ)イオン [Ag(NH3)2
テトラアンミン銅(Ⅱ)イオン [Cu(NH3)42+
テトラアンミン亜鉛イオン [Zn(NH3)42+
テトラヒドロキシド亜鉛酸イオン [Zn(OH)42ー
テトラヒドロキシドアルミン酸イオン [Al(OH)4
ヘキサシアニド鉄(Ⅱ)酸イオン [Fe(CN)64ー
ヘキサシアニド鉄(Ⅲ)酸イオン [Fe(CN)63ー
ビス(チオスルファト)銀(Ⅰ)酸イオン [Ag(S2O3)23ー

 

まとめ

灘・甲陽在籍生100名を超え、東大京大国公立医学部合格者を多数輩出する学習塾「スタディ・コラボ」の化学科講師より受験必須のイオン式の一覧と覚え方の解説を行いました。しっかりと覚えておきましょう。

脳科学式超記憶で身に付ける問題集ViCOLLA
紙より5割増しで記憶に残る脳科学的仕組みのWebドリル(全問題に解説動画付き)が付いた参考書
いつも同じ場所で勉強するより、環境に変化をつけた(勉強場所を変える)方が高い学習効果を得られます(ある研究の単語テストでは約1.5倍に正答率がアップしました)。スマホやPCを用いたデジタル学習における背景画像についても同様で、ランダムに背景画像が変化すると高い学習効果が得られます(ある研究の単語テストでは1.6倍に正答率がアップしました)。出題順もランダムにできます。 ビコラでは、背景画像がランダムとなる「Webドリル」機能で学習効果を高めます。また、問題文の背景画像には、認知能力を高める効果のある自然や雪景色の画像を使用しています。 そして、全問題の解答ひとつひとつに丁寧な解説動画がついています。紙面には書ききれない(書いても伝わりにくい)事項(背景知識や、単元の本質に至る詳細な理由、解答を導くまでの思考の流れなど)を著者である予備校講師がわかりやすく指導します。※出題順もランダムにできます。
化学オンライン講義
シェアする
ViCOLLAをフォローする
ViCOLLA Magazine