漢文オンライン講義

漢文オンライン講義とは

漢文の基本句形を中心に、漢文の構造を根本的に理解するためのオンライン講義です。

従来のように、単に句形の読みや意味を丸暗記することは「意味記憶」といって脳科学的にも忘れやすく、センター試験レベルでも応用が利きません。このページでは、漢文の基本となる語順から詳しくその構造・論理を理解できるようになっています。理解することで「精緻化」という現象が起こり、記憶しやすくなります。

例えば「レ点」は“下から返る”と教えられますが、なぜ下から返らないといけないのでしょうか。そういった根本的な理屈の説明を徹底する大手予備校一流プロ講師によるオンライン講義です。

漢文講義一覧

漢文の基本構造

返り点「レ点」の付け方はこれで完璧

返り点「一二点」の付け方はこれで完璧

返り点「上下・甲乙丙」の付け方はこれで完璧

縦棒(ハイフン)の使い方と意味はこれで完璧

置き字の一覧と"於・乎・于"はこれで完璧

置き字の一覧と"而"はこれで完璧

置き字の一覧と"焉・矣"はこれで完璧

 

漢文の返読文字

【完全版】入試で必要な5種類の返読文字一覧まとめ

返読文字「有・無・多・少」はこれで完璧

返読文字「難・易・欲」はこれで完璧

返読文字「得・不得・能・不能」はこれで完璧

返読文字「為」はこれで完璧

返読文字「以」はこれで完璧

返読文字「自・従」はこれで完璧

返読文字「於・乎・于」はこれで完璧

返読文字「雖」はこれで完璧

返読文字「与」はこれで完璧

返読文字「所・所以」はこれで完璧

「於・乎・于」“置き字”か“返読文字(おいて)”かの瞬間判別法

 

漢文の再読文字

【完全版】入試で必要な再読文字10個の一覧まとめ

再読文字「未・将・且」はこれで完璧

再読文字「当・応・宜」はこれで完璧

再読文字「須・猶・由・盍」はこれで完璧

再読文字「将」と「且」の違いと「且」の瞬間判別法

 

スポンサーリンク
漢文オンライン講義

漢文【完全版】入試で必要な再読文字10個の一覧まとめ

【例文付き】再読文字とは、返り点に関係なくまず副詞として読み、その後、返り点に従って、下から戻って動詞・助動詞として読む漢字のことです。入試で頻出となる再読文字は「未」「将」「且」「当」「応」「宜」「須」「猶」「由」「盍」の10個です。これらの重要事項をまとめて紹介します。
漢文オンライン講義

漢文【完全版】入試で必要な5種類の返読文字一覧まとめ

【例文付き】漢文において「返読文字」とは、日本語と逆の語順になるため、下から返って読まなければならない漢字のことです。返読文字は、構文・語順を理解し、センター試験頻出の白文問題に対応するためには重要です。本記事では、大手予備校一流プロ講師が入試で必要な返読文字の一覧をわかりやすくまとめます。
漢文オンライン講義

漢文【3分でわかる】再読文字「将」と「且」の違いと「且」の瞬間判別法

【例文付き】再読文字「将」と「且」とは何が違うのか、そして「且」の使い方は再読文字以外にもいくつかあります。本記事では、再読文字「将」と「且」の違いと「且」の瞬間判別法について、大手予備校一流プロ講師が構文レベルから詳しく解説します。
スポンサーリンク
漢文オンライン講義

漢文【5分でわかる】再読文字「須・猶・由・盍」はこれで完璧

【例文付き】再読文字「須」は「必ず…するべきである」という意味です。「猶」は「…はまるで…のようなものだ」という意味です。「盍」の字は英語のwhy notの意味を表します。本記事では、再読文字「須・猶・由・盍」の例文と意味、読み方、働き、覚え方について、大手予備校一流プロ講師が構文レベルから詳しく解説します。
漢文オンライン講義

漢文【5分でわかる】再読文字「当・応・宜」はこれで完璧

【例文付き】再読文字「当・応」は「当然」「相応」の意味を表す字です。「宜」は「…するのが適切である」という意味を表す字です。単純な未来にも意志を含む未来にも用いられます。本記事では、再読文字「当・応・宜」の例文と意味、読み方、働き、覚え方について、大手予備校一流プロ講師が構文レベルから詳しく解説します。
漢文オンライン講義

漢文【5分でわかる】再読文字「未・将・且」はこれで完璧

【例文付き】再読文字「未」は「まだ実現(実行)していない行為・状態」を表す字です。「将」「且」は英語のbe going toに当たる表現です。“未来”に用いられます。本記事では、再読文字「未・将・且」の例文と意味、読み方、働き、覚え方について、大手予備校一流プロ講師が構文レベルから詳しく解説します。
漢文オンライン講義

漢文【3分でわかる】「於・乎・于」“置き字”か“返読文字(おいて)”かの瞬間判別法

【例文付き】「於・乎・于」を訓読しない置き字とするか、「おいて」と読むのか理解できていますか? 本記事では、現役灘高生が「そういうことだったのか!!」と絶賛した、大手予備校講師 力石智弘先生(河合塾、四谷学院など)の著書『脳TEC漢文(ドゥクエスト)』より、その判別方法をご紹介します。
漢文オンライン講義

漢文【3分でわかる】返読文字「所・所以」はこれで完璧

【例文付き】漢文の返読文字とは、日本語と逆の語順になるため、下から返って読まなければならない漢字のことです。返読文字は、構文・語順を理解し、センター試験頻出の白文問題に対応するためには重要です。本記事では、「所・所以」の例文と意味、読み方、働き、覚え方について、大手予備校一流プロ講師が構文レベルから詳しく解説します。
漢文オンライン講義

漢文【5分でわかる】返読文字「与」はこれで完璧

【例文付き】漢文において返読文字とは、日本語と逆の語順になるため、下から返って読まなければならない漢字のことです。返読文字は、構文・語順を理解し、センター試験頻出の白文問題に対応するためには重要です。本記事では、「与」の例文と意味、読み方、働き、覚え方について、大手予備校一流プロ講師が構文レベルから詳しく解説します。
漢文オンライン講義

漢文【3分でわかる】返読文字「雖」はこれで完璧

【例文付き】漢文において返読文字とは、日本語と逆の語順になるため、下から返って読まなければならない漢字のことです。返読文字は、構文・語順を理解し、センター試験頻出の白文問題に対応するためには重要です。本記事では、「雖」の例文と意味、読み方、働き、覚え方について、大手予備校一流プロ講師が構文レベルから詳しく解説します。