漢文【5分でわかる】再読文字「当・応・宜」はこれで完璧

漢文オンライン講義

【例文付き】再読文字「当・応」は「当然」「相応」の意味を表すため、「まさニ」という副詞を添えて読みます。「宜」は「適宜」という熟語もあるように、「……するのが適切である」という意味を表す字です。単純な未来にも意志を含む未来にも用いられます。本記事では、再読文字「当・応・宜」の例文と意味、読み方、働き、覚え方について、大手予備校一流プロ講師が構文レベルから詳しく解説します。

スポンサーリンク

再読文字の入試頻出文字一覧

漢文【完全版】入試で必要な再読文字10個の一覧まとめを参照してください。

 

再読文字の読み方、書き下し方についての解説

例えば、「未定」という熟語を考察してみましょう。

「不定」とは単に、「定まっていない」という意味ですが(具体例:住所不定)、

「未定」は「まだ定まっていない(今は定まっていないがそのうち定まるはずだ)」という意味を表します(具体例:タイトル未定)。

つまり、「不」が単なる否定を表しているのに対して、「未」は「まだ……ない」という意味を表しています。

このうち「まだ」は副詞であり連用修飾語なので、日本語では前から係りますが、「ない」は打ち消しを表す助動詞であり、日本語では動詞の後ろにつきます

これは文語文(書き下し文)でも同様で、「未定」の書き下し文は「未だ定まらず」となり、やはり「いまだ」という副詞と「ず」という助動詞の組み合わせとして表されます。

 

このように、「未」を書き下す時は、「前から係る」成分と「後ろから返る」成分が同居するため、「まず副詞で読んで後で助動詞の読みを加える」ことになります

これが再読文字の仕組みです。返り点は次のように付けます。

 

再読文字例文1「未」

 

「まだ決まっていないこと」は次のようになります。

 

再読文字例文2「未」

 

このように、二度目に読む時の(ふりがな及び)送り仮名は、漢字の左側に付けましょう。

 

それでは今回は、「当」「応」「宜」の解説をしていきます。

 

再読文字「当」「応」の例文と解説

当·応
読み方:まさニ~べシ
訳:当然~すべきだ。~しなければならない。
~すべきだろう。きっと~だろう。

「当」は「当然……すべきである、当然……はずだ」、「応」は「……するに相応である」という意味を表します

「可」と同じく「べし」という助動詞を当てますが、「当然」「相応」の意味を表すため、「まさニ」という副詞を添えて読みます

 

再読文字例文7「当・応」

 

それぞれ下には「勉励」「知」という動詞しかないので、構文は明白です。「時が来たら勉学に励むべきである。」「故郷のことを知っているに違いない」という意味を表します。

 

再読文字例文8「当・応」

 

再読文字「宜」の例文と解説


読み方:よろシク~べシ
訳:~するのがよい。

「宜」は「適宜」という熟語もあるように、「……するのが適切である」という意味を表す字です。「よろシク……べシ」と読みます。

 

再読文字例文9「宜」

 

「宜」が修飾している「在」は「有」と同じく存在を表す動詞ですが、「有」とは異なり、「A在B」の形で「AはBにある」という意味を表します。

「仁者」が主語、「高位」が「在」に対する補足説明です。

「有能な人は高い位に就くべきだ。」「徳の高い人こそが高い位にいるのがよいことだ。」という意味です。

 

再読文字例文10「宜」

 

まとめ

 

力石智弘先生の著書『脳TEC漢文(ドゥクエスト)』より、再読文字「当」「応」「宜」の例文を抜粋しました。

 

センターの白文問題に対応する実力を付けられるよう、根本的に理解しておきましょう。

 

『脳TEC漢文』著者:力石 智弘先生

河合塾、四谷学院など予備校・学習塾で活躍する現役ベテラン国語講師。京大理学部という理系出身こその論理的な解法と多種多様な知識・経験から繰り出される授業は最高傑作と評される。東大模試の作成や、神戸大学個別試験(国語)の解答速報作成(新聞にて掲載)など多岐にわたり活躍中の実力派講師。

力石智弘講師

脳科学式超記憶で身に付ける問題集ViCOLLA
紙より5割増しで記憶に残る脳科学的仕組みのWebドリル(全問題に解説動画付き)が付いた参考書
いつも同じ場所で勉強するより、環境に変化をつけた(勉強場所を変える)方が高い学習効果を得られます(ある研究の単語テストでは約1.5倍に正答率がアップしました)。スマホやPCを用いたデジタル学習における背景画像についても同様で、ランダムに背景画像が変化すると高い学習効果が得られます(ある研究の単語テストでは1.6倍に正答率がアップしました)。出題順もランダムにできます。 ビコラでは、背景画像がランダムとなる「Webドリル」機能で学習効果を高めます。また、問題文の背景画像には、認知能力を高める効果のある自然や雪景色の画像を使用しています。 そして、全問題の解答ひとつひとつに丁寧な解説動画がついています。紙面には書ききれない(書いても伝わりにくい)事項(背景知識や、単元の本質に至る詳細な理由、解答を導くまでの思考の流れなど)を著者である予備校講師がわかりやすく指導します。※出題順もランダムにできます。
漢文オンライン講義
シェアする
ViCOLLAをフォローする
ViCOLLA Magazine