漢文【3分でわかる】置き字の一覧と”焉・矣”はこれで完璧

勉強姿 漢文オンライン講義

【例文付き】漢文において「置き字」とは、訓読するときには読まずに、単に置いてあるように見える文字のことです。主な置き字には「於」「于」「乎」「而」「焉」「矣」の6字があります。本記事では、置き字の一覧に加え、「焉」「矣」の意味と読み方と働きについて、大手予備校一流プロ講師が構文レベルから詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

置き字「於」「于」「乎」「而」「焉」「矣」の一覧

 

「於(オ)」「于(ウ)」「乎(コ)」

普通、漢文では上から修飾しますが、下から修飾する修飾語であり、前置詞であり、対象・場所・状況などを示します(英語でいうinやatみたいなもの)。

※直後の語に助詞「ヲ」「ニ」という送り仮名で表現します。漢文の原則として、助詞は送り仮名として表現しなければならないため、置き字自身は読むことが出来ません。

 

詳細はコチラを参照⇒置き字の一覧と”於・乎・于”はこれで完璧

 

「而(ジ)」

文中に置かれる接続助詞であり、単純接続・順接・逆接を示します。

※直前の語に助詞「テ」や「ドモ」「モ」という送り仮名で表現します。漢文の原則として、助詞は送り仮名として表現しなければならないため、置き字自身は読むことが出来ません。

 

詳細はコチラを参照⇒置き字の一覧と”而”はこれで完璧

 

「焉(エン)」「矣(イ)」

文末に置かれ、詠嘆や強意などを表し、語調を強める働きをします。「!」みたいなものです。

 

置き字「焉」「矣」の意味と読み方と働き

 

文末に使われ、詠嘆や強意を表す文字です。

ここでは非常によく使われる「矣」と「焉」の例文を示します。

 

漢文置き字「焉」「矣」例文5

 

それぞれ、文の語調を強める強意の表現です。単に語調を強めるだけですから、これらの文字が付いても読み方に変化はありません。

「勝」の送り仮名の「タン」、「歎」の送り仮名の「セリ」は、それぞれ未来のこと、過去のことを表しているものであり、「矣」「焉」によって読み方が変わったのではありません。

 

 

まとめ

 

力石智弘先生の著書『脳TEC漢文(ドゥクエスト)』より、置き字のうち、「焉(エン)」「矣(イ)」を抜粋しました。

 

「焉(エン)」「矣(イ)」

文末に置かれ、詠嘆や強意などを表し、語調を強める働きをします。「!」みたいなものです。

 

 

センターの白文問題に対応する実力を付けられるよう、根本的に理解しておきましょう。

 

『脳TEC漢文』著者:力石 智弘先生

河合塾、四谷学院など予備校・学習塾で活躍する現役ベテラン国語講師。京大理学部という理系出身こその論理的な解法と多種多様な知識・経験から繰り出される授業は最高傑作と評される。東大模試の作成や、神戸大学個別試験(国語)の解答速報作成(新聞にて掲載)など多岐にわたり活躍中の実力派講師。

力石智弘講師