化学【3分でわかる】質量保存の法則を具体例でわかりやすく解説

化学オンライン講義

【図解】質量保存の法則を具体例を踏まえてわかりやすく解説します。発見者ラボアジエもセットで覚えましょう。解説担当は、灘・甲陽在籍生100名を超え、東大京大国公立医学部合格者を多数輩出する学習塾「スタディ・コラボ」の化学科講師です。

スポンサーリンク

質量保存の法則とは

質量保存の法則とは、「化学反応の前後において,物質の総質量は変化しない。」というものです。

 

【例1】

例えば、炭素と酸素から二酸化炭素が生成する場合について考えてみます。

 C   +   O2   → CO2 

12g     32g    44g

 

この反応において、炭素12gと酸素32gを反応させると、二酸化炭素が44g生成します。

反応前は炭素12gと酸素32gで全体の質量は44g、反応後は二酸化炭素が44gあるので全体の質量は44gであり、反応の前後で全体の質量が変わっていないことがわかります。

 

【例2】

例えば、エタンと酸素から二酸化炭素と水が生成する場合について考えてみます。

 2C2H6   +   7O2   → 4CO2 + 6H2O

60g        224g    176g        108g

 

この反応において、エタン60gと酸素224gを反応させると、二酸化炭素176gと水108gが生成します。

反応前はエタン60gと酸素224gで全体の質量は284g、反応後は二酸化炭素176gと水108gで全体の質量は284gであり、反応の前後で全体の質量が変わっていないことがわかります。

 

質量保存の法則の発見者ラボアジエ

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A8

 

質量保存の法則の発見者はラボアジエであり、発見した年は1774年です。
組合せが出題されるので覚えておきましょう。

 

まとめ

灘・甲陽在籍生100名を超え、東大京大国公立医学部合格者を多数輩出する学習塾「スタディ・コラボ」の化学科講師より質量保存の法則について解説を行いました。しっかりと覚えておきましょう。

勉強管理アプリViCOLLA
一瞬で勉強の計画を立てられる勉強管理アプリ

細かい計画を立てるのが面倒な人にピッタリ

勉強したい市販教材と日程を指定すると、AIがその教材の目次・問題番号を日割りします。

化学オンライン講義
シェアする
ViCOLLAをフォローする
ViCOLLA Magazine