教科別オンライン講義

スポンサーリンク
漢文オンライン講義

漢文【5分でわかる】返読文字「有・無・多・少」はこれで完璧

【例文付き】漢文の返読文字とは、日本語と逆の語順になるため、下から返って読まなければならない漢字のことです。返読文字は、センター試験頻出の白文問題に対応するためには重要です。本記事では、「有・無・多・少」の例文と意味、読み方、働き、覚え方について、大手予備校一流プロ講師が構文レベルから詳しく解説します。
漢文オンライン講義

漢文【3分でわかる】置き字の一覧と”焉・矣”はこれで完璧

【例文付き】漢文において「置き字」とは、訓読するときには読まずに、単に置いてあるように見える文字のことです。主な置き字には「於」「于」「乎」「而」「焉」「矣」の6字があります。本記事では、置き字の一覧に加え、「焉」「矣」の意味と読み方と働きについて、大手予備校一流プロ講師が構文レベルから詳しく解説していきます。
漢文オンライン講義

漢文【3分でわかる】置き字の一覧と”而”はこれで完璧

【例文付き】漢文において「置き字」とは、訓読するときには読まずに、単に置いてあるように見える文字のことです。主な置き字には「於」「于」「乎」「而」「焉」「矣」の6字があります。本記事では、置き字の一覧に加え、「而」の意味と読み方と働きについて、大手予備校一流プロ講師が構文レベルから詳しく解説していきます。
漢文オンライン講義

漢文【4分でわかる】置き字の一覧と”於・乎・于”はこれで完璧

【例文付き】漢文において「置き字」とは、訓読するときには読まずに、単に置いてあるように見える文字のことです。主な置き字には「於」「于」「乎」「而」「焉」「矣」の6字があります。本記事では、置き字の一覧に加え、「於」「于」「乎」の意味と読み方と働きについて、大手予備校一流プロ講師が構文レベルから詳しく解説していきます。
漢文オンライン講義

漢文【3分でわかる】縦棒(ハイフン)の使い方と意味はこれで完璧

【例文付き】漢文はもともと古典中国語という外国語です。つまり“文法体系”(=語順)が日本語と違います。このため、語順を変えて日本人が読めるようにするために「返り点」を付け、その過程で“縦棒(ハイフン)”を使うことがあります。本記事では縦棒の付け方のルールと意味を完全理解できるよう大手予備校一流プロ講師が徹底解説します
漢文オンライン講義

漢文【5分でわかる】返り点「上下・甲乙丙」の付け方はこれで完璧

【例文付き】漢文はもともと古典中国語という外国語です。つまり“文法体系”(=語順)が日本語と違います。このため、語順を変えて日本人が読めるようにするために「返り点」を付けます。本記事では、返り点「上下点・甲乙丙丁・天地」の付け方のルールに加え、構文・品詞レベルで完全理解できるよう大手予備校一流プロ講師が徹底解説します
漢文オンライン講義

漢文【5分でわかる】返り点「一二点」の付け方はこれで完璧

【例文付き】漢文とはもともと「古典中国語(白文)」という外国語です。つまり“文法体系”(=語順)が日本語と違います。このため、語順を変えて日本人が読めるようにするために「返り点」を付けます。本記事では、返り点「一二点」の付け方のルールに加え、構文・品詞レベルで完全理解できるよう大手予備校一流プロ講師が徹底解説します。
漢文オンライン講義

漢文【5分でわかる】返り点「レ点」の付け方はこれで完璧

【例文付き】漢文とはもともと「古典中国語(白文)」という外国語です。つまり“文法体系”(=語順)が日本語と違います。このため、語順を変えて日本人が読めるようにするために「返り点」を付けます。本記事では、返り点「レ点」の付け方のルールに加え、構文・品詞レベルで完全理解できるよう大手予備校一流プロ講師が徹底解説します。